営業職に転職した成功例

転職ノウハウ

年齢別に見る営業職への転職成功例

転職するのに年齢の限界はありませんが、応募先の業界や企業、持っているスキルや経験によって、期待されるものが変わってきます。

年齢が高くなるほど求められるスキルも高くなり、即戦力として期待されることが多いので、ご自分の年齢と希望する業界でのキャリアの実現可能性を分析することが必要です。以下に、年代別に転職者に求められる指標と成功例を示します。

20代前半での営業への転身はポテンシャルが決め手

20代前半の方は、社会人としての経験はあるものの、まだ第二新卒枠と見られることが多いので、なんといってもポテンシャルが評価されます。

そのため、営業の経験は不可欠の要素ではなく、異職種からの転身でも、これまで取り組んできたことを整理し、営業として生かしてくイメージができていれば、採用後すぐに活躍することも可能です。

成功例として、アパレルの販売から不動産の個人向け営業に転身した人がいます。この方は、営業経験はありませんでしたが、店舗に立って個人客と接してきた経験を買われました。販売を通して工夫してきた売上アップのノウハウが応募先の企業に高く評価されたのです。

20代後半では経験をいかにアウトプットできるかがポイント

次に20代後半の方です。入社当初に比べ、仕事の幅は格段に広がっているでしょうから、それを営業における成果としてどのようにアウトプットできるかが重要です。銅職種の転職の場合でも、業界や顧客の領域、営業方法など異なる点はたくさんあるので、早めの情報収集がカギになります。

同じ営業職ながら、証券会社から通信サービス企業に転職した人の例もあります。この方は、金融マーケットの分析をもとに個人向けの営業をされていましたが、もっと長期的な視点に立って企業の経営に密着した仕事をしたいということで、法人向けの仕事に転職しました。

個人から法人へと顧客のターゲットは変わりましたが、前職で培った顧客との関係性の構築力が評価されました。

30代以降はマネジメントスキルが必ず要求される

30代以降の方は、組織をリードする力も求められます。前職と応募先に親和性がないと高い評価での中途採用は難しくなりますが、マネジメントスキルなどが評価されれば待遇アップでの転職に成功する場合もあります。

たとえば、家具店の店長だった人が人材サービスの営業に転身した例を挙げましょう。店舗を管理するマネジメント力とこれまでの売上実績が評価され、チームを管理する立場として採用されました。

「年齢別に見る営業職への転職成功例]」まとめ

このように年齢によって評価のされ方が変わってくるのですが、自分一人では客観的な評価がわからない場合もあります。そういう場合は、転職エージェントを生の情報を得て、専門家の評価を得るのも良い方法です。

タイトルとURLをコピーしました