企画営業ってどんな仕事?

営業方法

企画営業へ転職希望の際のポイント

企画営業ってどんな仕事?

企画営業という職種がありますが、ご存知ではない方も多い事でしょう。この営業とは商品だけでなく、その企画をセットにして売り込む仕事を指します。わかりやすく言いますと、本来企業が部署を設けて営業活動のあり方を方針付けし、その方針で各営業マンが活動をするのですが、企画営業では、新しい商品構成の企画からマーケットリサーチ、販路の開拓、新しい顧客層の獲得など、営業企画を踏まえた営業活動をする事を指します。つまり営業部門が行う草案を、各々で工夫してそのまま販売までこぎつける仕事なのです。

やりがいはあるがスキル・資質が必要

一言で営業といっても、販促や情報提供に仲介や代行と形態は様々です。それが営業部門全体を操作する仕事なのか、それとも一社員としての実績に関わる事かによって企画と営業とのボリュームが変わってきます。この営業では自分がその部門でトップにあるわけですから、自分の企画力が成功のカギになるのは言うまでもないでしょう。具体的に企画営業職とは、自社開発の商品・技術・サービスなどを取り扱う顧客に販売戦略を始め、企画やイベントの見せ方などをアドバイスし、顧客が掲げる課題を達成するためのアプローチをしていく職種なのです。ですからやりがいはありますが、それ故に難しい職種でもあります。そこで企画営業職へ転職を希望なさる方は、次の事項をチェックしておくと良いでしょう。まずはキャンペーン開催のスキルが要求されます。今まで自分が行ってきた広告作成やディスプレイ術、イベント開催のノウハウやキャンペーンでの実績をリスト化しておくのは重要です。また成功・失敗に至った理由を添付して独自のノウハウを分かり易くまとめておくと良いアピールになるでしょう。もちろん自分以外のサンプルも一緒にリスト化しておくなら、さらに実のあるものになります。

転職活動では適正なキャリアを積極アピール!

また、キャリアをアピールする際は、できるだけ客観的な評価をすると面接時に良い印象を与えますし、適切な能力・スキルを伝える事が可能です。一般的な営業活動でも何らかの企画を練りながら行ってきたはずです。その培ったスキルをしっかりとアピールするために、転職エージェントなどのサポートを受けるのは賢明でしょう。それから事前に転職先の情報を収集する際にも役に立ちます。準備として必要な資格などがあれば、エージェントを通して取得する方法もあります。企画営業と言う特殊な職種ですので、自分の望む条件でしたいのならば、できる限り丁寧な取り組みをもって臨む様にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました