新卒での営業職への就職

どんな人を雇いたいかを察して面接対策を

新卒社会人となるために仕事を探している方であれば、どんな業種の仕事をするかをまず考えなければなりません。その選択肢の中には営業職も入ってくることでしょう。就職活動をしていて、もっとも頭を悩ませるのはやはり志望動機となるでしょう。

積極的な内容でありながらも他のライバルたちとは一味違った志望動機を述べる必要があります。かといってあまりに異色の志望動機にしてしまっては印象が良くありません。

新卒の方が営業職で働くためには、説得力のあるそれでいて相手にインパクトを与える志望動機が必要なのです。

雇う側の気持ちになる

もっとも基本的なことですが、志望動機を考えるにあたって雇う側の気持ちになることは非常に重要です。そうしないと独りよがりな志望動機を考えて満足してしまう危険があります。例えばコミュニケーション能力を学生時代に身につけたというアピールも、同年代の友達であればそれくらいできて当たり前と思われてしまうかもしれません。

さらに体力に自信があるという志望動機であれば、営業職にそれほど体力がいるのだろうかという疑問が出てきます。それよりも、そのアピールしたい部分がなぜ、どのように営業職で役立つのかを具体的に述べる必要があるでしょう。

なぜ営業職になりたいのか

新卒の方が就職活動をしていく中で、なぜその業界を選んだのかという質問は避けて通ることはできません。ここでも説得力のある答えが必要となります。

実は営業職にはやりがいがたくさんあると言われています。人脈が広がること、直接感謝の言葉がもらえること、成果給が付けば頑張った分だけ稼げること、自分が起業した時の糧になることなどです。

こうしたやりがいを得たいことをアピールしながらその業界を選んだ理由を述べれば十分説得力のある答えになるでしょう。

なぜその会社を選んだのか

最後にとある業種の中にある数多くの会社の中からなぜその会社を選んだのかを説明する必要があります。そのために複数の企業説明会に参加して各社の長所を調べておくと良いでしょう。より説得力のある答えにするためには新卒社会人として何をその会社で学びたいのか、どんな成果を挙げたいのかといったアピールも重要です。

新卒で営業職に就きたいのであれば転職エージェントを利用してサポートしてもらうこともできます。新卒社会人も利用できる転職エージェントは数多くあるので、面接から実際に働くまでしっかりとアドバイスを受けることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました