中小企業の営業に転職するには

その他

やはり転職しやすいのは中小企業の営業!

営業職は大手よりも中小企業がねらい目

現代では一部上場の大企業だからと言って、けっして安定した職が得られるとは限りません。かつては就職するならば大手企業と言いましたが、それも今や過去の話です。特に営業職で転職を希望する方は、このことをしっかりと理解する様におすすめします。大手企業でもボーナスカット・給料引下げは当たり前の時代です。それに既成の商品は新規開拓が難しく、大量生産を裁くための営業努力は並々ではありません。逆に中小企業の提供する商品の方が魅力があるかもしれません。独自の技術を生かした目新しい商品は、売り込み先を絞り込む事で十分に業績を上げる事が可能です。またベンチャー企業の様に成長過程にある場合は人材確保に積極的で、若くても高収入の待遇が期待できるでしょう。

絶対的に求人数が多いというメリット

この職種の求人市場をチェックしてみますと、中小企業やベンチャー企業は絶対的な求人募集数が多いために、転職者にとっては好都合でしょう。また就職するメリットには、一人の社員が担当する仕事の幅が広いので、その分多様な経験ができてキャリアアップ・スキルアップが得やすい事、社員数が少ない場合は職場環境に馴染みやすいメリットもあります。そして人材不足のところならば、業界未経験でも就職がしやすいのですし、実績を上げれば昇進もできます。

給与・福利厚生面におけるデメリット

デメリットについても理解しておかなければなりません。まず給料ベースが低目で、キャリアの転職でない限りは初任給はあまり期待できません。また福利厚生も大手ほどは充実していない事もデメリットでしょう。住宅手当や児童手当が薄い、またはないケースもあります。それに会社のルールが甘く、サービス残業をするケースもあります。何よりも仕事量はかなり多目の会社が一般的です。これはベンチャー企業でも同様で、入り易い反面で雇用条件では不十分な部分もあるという事です。

中小企業の営業への転職就活のポイント

そこで、これから営業系の転職をしようと考えている方は、ご自分のキャリアビジョンを明確に持つと良いでしょう。どの様な職場で何を実践したいのか?その会社の商品を理解できるのか?自分の希望条件に合っているか?などを明確にすると選択しやすいでしょう。そこでより良い就職をしたいならば、キャリアビジョンと勤務条件に合った求人情報を見つける手段が必要です。

そのためには豊富な求人を抱え、実績の高い転職エージェントなどを活用してみる様におすすめします。

タイトルとURLをコピーしました