20代女性の営業転職

女性の営業転職

20代女性にとって営業職への転職

営業といえばまだまだ男性の仕事というイメージが強いですが、だからこそ若い20代の女性だと際立つとも言えます。実際、地方に行くほど営業で成功している女性は多く、男性にない細かい気配りや感覚で、商機を逃さず活動されているようです。

また、若さゆえの吸収力の高さがあれば、商品やサービスの知識はすぐに覚えられますし、経験を積むうちに、交渉力や問題解決力も高まります。不安を覚える方も多いようですが、20代女性なら歓迎されることが多いのです。

女性ならではの営業職の種類

女性の営業といえば、生命保険や損保保険を思い浮かべる人が多いです。ネットの格安保険がある今になって、どうやってそういうものを売ればいいのかと不安に駆られる方もいるでしょうけれど、女性が活躍する営業には、それ以外にももっと種類があります。

企画営業の仕事内容

まず、Web系やリクルート系に代表される企画営業です。仕事内容は、たとえばリクルート系であれば、企業やお店に電話して「うちに求人を出しませんか」と連絡し、アポイントが取れればそこに出向いて契約してもらう、といった具合です。

電話、商談、契約、アフターフォローという流れになりますが、これをひたすら繰り返すのが企画営業です。保険のような対個人だと、体当たりでアポイントを取らなければならないことが多いですが、企画営業には顧客は電話でいくらでも探せるので、そういう心配はありません。

ルート営業の利点

次に、ルート営業があります。たとえば、商品を決まった顧客をまわって卸していくような仕事内容になります。顔を合わせるのは決まった顔ぶれの顧客なので、飛び込みのような体当たりなことはストレスが強すぎるという人におすすめです。

もちろん、ただ決まった商品を卸すだけでなく、新製品の提案などもしなければなりませんし、顧客とは長期的な付き合いになることが多いので、極度の人見知りでは難しいですが、他と比べると未経験からでも始めやすいと言えるでしょう。

以上のように営業にも種類がありますが、転職先の企業をどのように探すかが大切です。実際のところ、女性向けの求人は男性に比べると少ないですから、情報収集をいかにするかが転職成功のカギを握ります。

おすすめなのは転職サイトや転職エージェントを活用することです。女性の求人に特化したサービスもあり、登録することで求人探しだけでなくスカウトを受けることができるところもあります。転職活動が効率化することは間違いないので、いくつか登録しておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました